当院について

地域の皆様の健康と福祉に貢献し、
地域の皆様に信頼される病院を目指します

昭和28年、当院の前身である柳沼医院がこの地に開設されました。以来60余年にわたり、地域に密着した病院として、地元の皆様に支えられ育てられ今日に至っております。

私どもは“地域の皆様の健康と福祉に貢献し、地域の皆様に信頼される病院”を基本理念に、常に患者様の立場にたった医療サービスを提供できるように努力して参りました。
このような私どもの理想を具現化すべく様々なチャレンジを試みております。

院長

優しく明るい色調の空間づくりや、見晴らしの良さを生かしたバルコニー、各フロアーに設置されたラウンジスペースなど、単なる治療のための施設ではなく患者様をはじめ当院を訪れる方々の心の安らげる場であるようにという願いを込めました。

基本である診療におきましても外来部門の充実はもとより、入院部門では急性期病棟、慢性期病棟を併設し、介護サービスセンターと連携を図って地域の皆様の多様なニーズに対応し、幅広くより高度な医療サービスが提供できるよう計画しております。
これからも、当院を支えて下さる地域の皆様の信頼に応え、地域と二人三脚で、より良いより快適な社会づくりの一助となるよう努力を続けて参ります。

院長 柳沼征人

敬仁病院について

院長

相手を尊び、礼を尽くす。思いやり。いつくしみ。

当院のロゴマークは、平和のシンボルであるハトと、院長の出身校である東京大学の校章のイチョウを組み合わせたデザインとなっております。また、イチョウの木は当院の記念樹にもなっています。

当院の概要

理事長 柳沼道郎
院長 柳沼征人
取得基準 救急指定病院
診療科目 内科/外科/胃腸内科/肛門外科/整形外科/皮膚科/眼科/耳鼻咽喉科/泌尿器科/リハビリテーション科/呼吸器内科/循環器内科/糖尿病内科/腎臓内科
病床数 68床(急性期28床/慢性期40床)
医療設備 各種X線診断装置/超音波診断装置 マルチスライスCT装置/各種内視鏡/血液生化学自動分析装置 /骨密度測定器/腎透析(腎透析室) その他

当院の沿革

当院の沿革
昭和28年 足立区新田に柳沼医院開設
昭和32年 医療法人社団 博仁館柳沼医院へ組織変更
昭和45年 医療法人社団 潤恵会敬仁病院に名称変更
昭和46年 血液透析室(腎透析室)開設
平成4年 血液透析室(腎透析室)を20床に増床
平成14年 ひのき介護事業所開設
平成17年 新病院建設・開院
血液透析室(腎透析室)を30床に増床